葬儀への参列について

葬儀に出席できない場合の写真

葬儀に出席できない場合

葬儀には、招待された場合はもちろん、原則として出席すべきです。葬儀に出席したくても、何らかの理由で出席できないこともあるでしょう。そのため、お葬儀に参列できない場合のマナーを知っておくことが大切です。葬儀の招待状を受け取ることは、遺族や故人にとって、あなたが特に来てほしい人であることの証明になります。やむを得ず辞退する場合は、礼儀を重んじた態度で臨みましょう。葬儀に参列できない場合は、弔電を打ったり、枕花、供花、籠、線香などの供物を送ったり、香典を郵送したり、代理人に香典を取らせたり、葬儀後に喪主を訪問したりします。葬儀に出席できない場合は、すぐに遺族に出席できないことを伝えましょう。葬儀に参列できない場合は、すぐに遺族に参列できない旨を伝えましょう。ご迷惑をおかけします」などと、簡単な理由を添えて伝えます。

また、弔電も送るべきです。弔電とは、お悔やみの気持ちを伝えるための電報です。最近はさまざまな台紙を選ぶことができ、線香、押し花、プリザーブドフラワー、蒔絵を施した漆のお盆などの電報があります。

香典の銀行振り込みはしてはいけません。香典を届ける場合は、書留郵便を利用するのが一般的です。現金を入れた機密性のない封筒を、書留用の封筒に入れて送ります。その際、手紙やお悔やみの言葉を添えると丁寧です。断りの理由は必要ありません。忙しくて心を痛めている遺族に、事情を長々と話すのは失礼です。

葬儀の場面では、きちんとしたマナーを守って行動することが求められます。基本的には、招待されたのであれば、葬儀に出席するべきです。

葬儀を所沢市でするならグランドセレモニー